1日5分しか話さない旦那との会話が劇的に増えて夫婦仲良しになるコツ

omar-medina-films-1612670__180

 

気づいたら今日も旦那とほとんど会話してない・・・

 

 

「旦那と会話がない」
「旦那が無口で会話にならない」
「旦那との会話がストレスでイライラする」
「旦那とほとんどしゃべらないから寂しい」
 

そんな日が毎日続いていたら、2人の間に隙間風が吹いて、一緒にいても心も体もみたされないのは当たり前。

 
ただ一緒に生活しているだけの存在、私はあなたの母親でも家政婦でもないわ!!なんて思っているかもしれませんね。
 
 
コミュニケーションの基本は会話にあるのだから、パートナーとの関係をよくするには会話は必須です。

 

  • どうせあの人に話をしても聞いてもらえないから
  • 話す事がないから
  • 話してもつまらないから

 

こんな理由で諦めて、そのまま会話のない生活を続けていたら、この先何年も続く結婚生活に光も希望もありませんよね。こう思ってしまうのは、心の中でいつもネガティブなことを呟いているから。

 
潜在意識は、いつも感じている感情を重要だととらえるため、「旦那との会話がない。つまらない。」というセルフイメージが潜在意識に入ってしまっています。だから、会話をしたいと思っているのに、旦那との関係がつまらないという現実が引き寄せられてきてしまいます。
 
旦那との会話を増やしたり、旦那との関係をよくするには、まずはセルフイメージを変える必要があります。
 
 


 

世界一ユニークな旦那ストレス解消法 夫婦円満を引き寄せるコツでも書きましたが、パートナーとの関係が良好だと、幸せ度・人生の質が上がり、それによって波動レベルがあがるため、日々いいことが引き寄せられてきます。

 
心が満たされていると、幸福感が広がり、心が安定するので、あれもこれも欲しいという衝動買いも、甘い物が無性に食べたいというやけ食いもなくなり、お金も溜まるし健康にもなれ、女性ならではの美しさを取り戻すことができます。
 
 
楽しくて幸せな毎日を送るためにも、旦那さんとの関係を良好にしていく必要があります。

 

 

夫婦のコミュニケーションスキルを上げるにはあきらめ力と察知力

 

旦那と話してもつまらない、聞いてもらえないと思うのはなぜか?

 

 

まず、人間の脳の働き方を理解する必要があります。

 

男性と女性の脳の働きは全く違っていて

女性は共感脳、男性は解決脳という脳の働きの違いがあります。

 

共感脳:いつも相手に共感を求めて、自分も相手の話に共感する

解決脳:その問題に何かしらの解決方法や決着方法をだす

 

 

たとえば、自分の具合が悪い時に旦那に

 

「なんだか体がだるいの。熱があるみたい。」

 

と言ったら、あなたなら「大丈夫か?薬飲む?」と心配の言葉を期待します。

 

 

しかし、旦那は

 

「朝ごはんと俺の昼の弁当がないってこと?」

 

と、自分の問題を解決することを気にします。

 

 

他にも、今日あったママ友との嫌な出来事を話しても

 

「じゃあ、もう会わなければいいんじゃない?」

 

と一言。

 

「そりゃ大変だったね、やだねぇ」とただ共感してもらいたくて話しているのに、解決方法を言ってくる。そこで自分の求めていた反応でないと女性はイライラしてしまいます。

 

 

その共感脳と解決脳のすれ違いで、

 

もうあの人と話してもつまらない
話しても聞いてもらえない

 

となるわけです。

 

 

だから、この女性と男性の脳の働きの違いを頭に入れて、「あきらめ力」をつけましょう。

 

 

男性は脳の働きから、あなたの表情を読み取ったり、気持ちを察したり、話に共感する能力が低いことがわかっているので、そこには期待せず、あなたが話したいことを話して、聞いてくれてるだけでいい、という気軽な気持ちで会話するといいですね。

 

 

また、旦那の気持ちを聞きたいのであれば、どう思う?と聞くと、旦那さんの思っていることを聞き出すことができます。

 

これで、すれ違う会話にいちいちイライラしなくなります。

 
また、もともと旦那の口数がすくない無口の場合、向こうから会話をしてくることってほとんどないかもしれません。他にも、無口じゃないのに、あまり会話をしてくれない場合は、あなたとの話す会話の内容に興味がないだけの可能性もあります。
 
女性は、今日あった出来事を話すのが好きですよね。でも、今日あった出来事をダラダラ話されても、男性はおもしろくありません。
  
それよりも、今日あった出来事の中で、こんなことがあったんだけど面白いよね!とか、どう思う?と聞くと、旦那は話に乗ってきます。
 
他にも、自分の話ばかりせず、旦那の興味がありそうなことを話題にしてみたら、きっと話は弾むと思います。
 
 

夫婦の会話を楽しくするコツ

 

結婚するまでは、お互いに「結婚」という目標に向かって進んでいたので、未来の会話もたくさんしたと思います。

 

  • 結婚したら○○に住みたいね
  • 子供は〇人欲しいね
  • おばあちゃんとおじいちゃんになってもラブラブでいたいね

 

など。

 

 

しかし、子供も産んで結婚生活が長くなってくると、2人の未来の話なんて一切しなくなりますよね。そして、相手の事はすべて知っているという「知った気」になっているので、相手に興味も持たなくなり、質問することもなく、会話がなくなってきます。

 

ただなんとなく一緒にいて、このまま年を取って老後を迎えるんだろうなくらいにしか思っていないかもしれません。

 

夫婦の会話を楽しくしたり、夫婦仲良しになるコツは、

 

2人で楽しい未来を共有すること

 

これに尽きます。

 

  • 次の休みには何をしたい?
  • どこに行きたい?
  • これからどんな人生を送っていく?
  • 子供が手を離れたら何をしたい?

 

など、近い未来の話から、数年後の話まで、なんでもいいので2人で未来を共有し、人生をどう生きたいのかという価値観をすり合わせていくと相手の考えていることもわかるし、楽しい予定に向かっていけるので毎日が安定してきます。

 

そして、そういう話をどこでするかという場所や環境も重要です。

 

普段生活している家だと、家事があったり、仕事で疲れていたり、テレビをみてしまったりで、気が散ってしまい、話をしても他の事に気を取られてしまいます。

 

ですから、週末の買い物へ向かう車の中や、旅行中、外食をした時など、普段と違う場所で話をするといい話ができます。

 

 

我が家では旅行やキャンプに行って、子供が寝た後にこういう話をするようにしていますが、家でないほうが普段しゃべらない旦那さんもよく話をしてくれます。

 

引き寄せはイメージすることが大切ですが、そのイメージ力は

 

新しい価値観に振れた時や、今までの既成概念が壊された時

 

に引き寄せられてきます。

 

 

 

家族や夫婦で旅行をすると、お互いの価値観が変わり、それを共有するきっかけにもなるので、そこで絆が生まれます。

 

夫婦の会話を増やすにも、夫婦仲良しになるにも、やっぱり旅行がおすすめです。これでいい夫婦関係が引き寄せられてくるはずです。

 


 
 
日常に会話があると、本当に毎日が楽しくなります。
 
楽しい未来の予定や日々の出来事など、お互いの気持ちをシェアしあうことで、どんどん絆が深まっていきます。相手のことを知った気にならず、「まだ旦那の事を10%しか知らないんだった」という気持ちでいると、たくさん質問も出てくるし、旦那の事をもっと知ろうと思うので、会話も弾みます。
 
 
長年一緒にいる夫婦こそ、以心伝心という言葉があるように、言葉がなくても通じる部分はありますが、人は変化するので常に相手の変わった部分や感じていることに興味を持っていれば、会話がなくなることはなく、話も弾むはずです。
 
 
冷めきった夫婦関係を新婚当初のラブラブな関係に戻す方法を無料メール講座で配信中。お気軽にご登録ください。

「私も変われました!!」「臨時収入が入りました!!」「元気になれます!!」「具体的でわかりやすい!!」と好評をいただいております。お気軽にご登録ください。

相談メールはお気軽に♪

引き寄せの法則・潜在意識についてやわからないことはお気軽にお問い合わせください。
登録後、すぐに返信メールをお送りします。

▼▼クリック▼▼

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
著書紹介
レポート無料プレゼント
お金の引き寄せ
恋愛・夫婦関係の引き寄せ
運営者プロフィール


ご訪問ありがとうございます^^
12歳と6歳のかわいい子供と主人に愛され、自由に生きる主婦です。


家族と毎日ゴキゲンな日々を過ごすために引き寄せの法則を実践中。


子育て中の私が引き寄せの法則のコツをつかんで、どうやってお金や時間、ママ友関係、姑関係などの悩みを解消し、旦那・子ども・お金に愛され、思いどおりの人生を送っているのかを赤裸々につづっていきます。よろしくお願いします。


詳しいプロフィールをみる

スポンサードリンク


よく読まれている人気記事
人気ブログランキング
ブログランキング参加中♪
いつもありがとうございます**
1クリックしていただけるとうれしいです

最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント