今を生きる人だけが幸せを引き寄せることができる真実

sandpit-762541_640

 

引き寄せの法則を学び始めると、

 

自分が心の底から望んでいること、叶えたい夢・叶えたい理想、願望などあなたの未来についてを、紙に書き出したり、イメージすることが大事だと言われます。
 
・お金をたくさん手に入れて自由な人生を送りたい(お金の引き寄せ)

 

・自分のことを心から愛してくれる素敵なパートナーと出会いたい(恋愛・結婚の引き寄せ)

 

・今の病気を治して健康になりたい(健康の引き寄せ)

 

など、こうなりたいと思う願望があると思います。

 

 

そして、それが叶ったことをイメージして、ワクワクや叶ったときの感情を感じましょうと言われます。が、ここに大きな落とし穴があるんですね。

 

 

確かに、叶ったときのイメージをするのも、その時の感情を感じるのも大切です。

 

 

ですが、これでは未来ばかりをみて生きていることになります。

 

 

未来をイメージしてワクワクしていることはとても大事です。

 

潜在意識にも入りセルフイメージも上がりますし、それによって波動も上がるので、結果的に引き寄せが働きます。

 

 

が、未来にばかり目を向けていてもダメなんですね。

 

 

 

私達がいるこの世界では「今」が永遠に続いているだけです。

 

いつまでたっても「明日」にはなりません。

 

 

想像している未来も、「今」が続いてその状態になるのです。

 

 

ですので、「今」この瞬間をもっと大切に生きることが大事で、

 

「今」目の前にあること、それが仕事でも子育てでも家事でも遊びでも、目の前にあるもの、やることに本気で取り組むことが大事です。

 

そして、その今目の前にあることをどうやって楽しく行動するか。

 

今現実に起きていることは、あなたにとって必要だから現れているので、いいことも、悪いことも、好きなことも嫌いなことも、すべてに感謝して、ただそれをこなしていく。

 

 

頭で考えるのではなく、全力で本気で行動する

 

 

 

 

あなたは今、小さい子供のように、何かに本気で取り組んでいますか?

 

自分の子を見ていて思うのですが、子供は、損得考えず、目の前にあることに全力で取り組みますよね。どんなことも遊びに変えて楽しんでいます。

 

とにかく楽しいこと、大好きな事だけに目を向けそれだけをただひたすらやります。

 

すると、どうでしょう。

 

昨日できなかったことが、あっさりとできるようになります。子供は引き寄せの天才と言われます。

 

 

 

大人になるにつれ、なぜか頭で考えて行動するようになってしまいます。

 

・これは損か得か
・これは大変か楽か

 

そうではなく、どんなことも楽しさ・充実感を感じるような行動をとることで「今」を本気で生きられるようになります。

 

 

つまり、自分の心に従い、好きなこと・楽しいことを全力でやるということ。嫌いなことも見方を変えれば好きなこと、楽しいことにいくらでもできる。

 

 

 

すると、自然と望んでいる未来へと「今」が進んでいきます。なぜならあなたの波動が上がるからです。

 

今、この瞬間を本気で生きる生き方をしていくと、あなたの理想の未来は簡単に引き寄せられてきますよ。

 

 

「私も変われました!!」「臨時収入が入りました!!」「元気になれます!!」「具体的でわかりやすい!!」と好評をいただいております。お気軽にご登録ください。

相談メールはお気軽に♪

引き寄せの法則・潜在意識についてやわからないことはお気軽にお問い合わせください。
登録後、すぐに返信メールをお送りします。

▼▼クリック▼▼

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サイト内検索
著書紹介
レポート無料プレゼント
お金の引き寄せ
恋愛・夫婦関係の引き寄せ
運営者プロフィール


ご訪問ありがとうございます^^
13歳と7歳のかわいい子供と主人に愛され、自由に生きる主婦です。


家族と毎日ゴキゲンな日々を過ごすために引き寄せの法則を実践中。


子育て中の私が引き寄せの法則のコツをつかんで、どうやってお金や時間、ママ友関係、姑関係などの悩みを解消し、旦那・子ども・お金に愛され、思いどおりの人生を送っているのかを赤裸々につづっていきます。よろしくお願いします。


詳しいプロフィールをみる

スポンサードリンク


よく読まれている人気記事
人気ブログランキング
ブログランキング参加中♪
いつもありがとうございます**
1クリックしていただけるとうれしいです

最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント