子供の潜在意識は両親が作ってしまっているという事実

27331550_400087007115384_7095488086826693085_n

 

今日は子育ての潜在意識の重要性について書こうと思います。

 

私が「潜在意識を勉強してよかった!」と思うことは、
親が子供の潜在意識にどれくらいの影響を与えているかということを知ることができたこと。

 

 

親は子供に、

 

”幸せになってほしい”

 

と願いながら育てていますが、
その思いとは裏腹に、なかなか願いどおりにはいかないものです。

 

なぜなら、親が良かれと思ってやっていることが、
子供の潜在意識にはマイナスに入ってしまっていることが多いからです。

 

 

潜在意識は、自分の中にある設計図です。
この設計図は、ほぼ親の影響を受けて作られていきます。

 

真っ白い紙に

 

・経験から得た感情
・親から言われたこと
・親の態度
・親の生き方や価値観

 

などがどんどん書き込まれていきます。

 

 

子供の空白を埋めるかのように、
毎日新しいことがインプットされていきます。

 

 

ほとんどの子供は、高校を卒業するまでは、
親と一緒に生活しているので、生まれてから約18年間は
親の影響を受けて育つということです。

 

 

子供の幸せのためにと思って、

 

・あーしなさい、こうしなさい。
・なぜできないの?
・それはやめたほうがいい。
・やっちゃダメ!

 

など、子供がやったことややろうとすることに対して、
ヤイヤイ言っていた私。完全に子供を否定していました。

 

 

この何気無い一言を毎日繰り返すことによって、
子供の潜在意識には「ダメな自分」という設計図が書き込まれます。

 

 

昔の私は、

「お母さんの言う通りにしていればいいの!」

こんな感じだったと思います。

 

 

そして子供は、
「お母さんに怒られないような行動をとる」か、
「お母さんをもっと困らせる行動をとる」
ようになります。

 

 

こうやって書いてきたことは、
私の母親が私にしてきたことと同じだなって気づいたんです。

 

 

そんな母親が嫌だったし、寂しさが常にあったし、
自分は認められたい一心で頑張っていたな、と。

 

結局、私の潜在意識には、
私の母親から影響を受けた設計図が入っていて、
気づかないうちに同じことを自分の子供にしていました。

 

 

私が子供のためを思ってやっていることは、
子供の心には全く届いていない、
逆に「お母さん嫌い」にさせているんだと思いました。
(私が母に対してそうだったから)

 

 

潜在意識を学びはじめ、
子供の将来のためを思って言っていることややっていることが、
子供の潜在意識に悪い方にダイレクトに書き込まれていることを知った時はとてもショックでした。

 

 

長男はもう9歳になっていたので、
この9年間、やってはいけないことをしてきたんだ、と・・・。

 

 

だから、私は子供に言いました。

 

「お母さん、今まで色々うるさく言ってごめんね。
あなたのためを思って言っているつもりだったけど、あなたのことを信じてなかったってことだった。

これからは、ガミガミ言うんじゃなく、お互いに考えていることを伝え合って、
どうしたいのか、どうして欲しいのかをちゃんと話をしていこう。」

 

 

こんな感じで長男に伝えて以来、
私がガミガミ言わなくても、
私が望んでいる通りの行動をとってくれるようになりました。

 

 

それは、私がそうして欲しいと長男に言っているからではなく、
心の中で、「こうなったらいいな」と思っていることが、現実に起こっています。

 

つまり、”引き寄せ”ですね。

 

 

長男は今年、中学に入学しましたが、

何も言わなくても勉強はするし、
好きなことが見つかり(サッカー)、
チームの練習がない日も、自ら外で練習をしたり、
毎日6つ離れた弟と仲良く遊んでいます。
毎日、たくさん話もしてくれます。

 

先週の学力テストでは、

 

「数学50点満点だった!超嬉しい!」

 

と目を輝かせて報告してくれました。

 

 

周りのお母さんは、子供のことを

 

・帰ってきても勉強しない
・話もろくにしてくれない
・ゲームやスマホばかり
・テストの結果が散々

 

と悩んでいました。

 

 

私が昔のままガミガミお母さんだったら、
きっと今の長男は、周りのお母さんが言っているような感じだったと思います。

 

 

実際、主人も長男を見て、

 

「すごく変わったな。毎日生き生きしている。」

 

って言っているので、本当に潜在意識に出会えてよかったと感じています。

 

 

ここまでを読んで、

 

私の子はもう高校生、大学生、もう30代だから手遅れなのでは・・・?

 

と感じたかもしれません。

 

 

でもたとえ何歳であっても、潜在意識は変えられますし、
親との関係性が一番潜在意識を変えるためには重要です。

 

 

だから、もし子供のためを思うのであれば、
今まで言ってきたこと、やってきたことの中で、
これはまずかったなーということがあれば、素直に子供に

 

「あの時はごめんね。こんな気持ちがあってしたことなの。」

 

って素直に謝ってみてください。

 

 

それだけでも、子供の潜在意識に響きますし、そこから新たないい関係性を築くきっかけになりますよ。

 

 

潜在意識は人生の設計図です。

 

 

子供の設計図を作るのは親の仕事ですが、まずは自分の設計図を書き直すことからはじめてくださいね!!

 

設計図の書き換え方はメール講座で配信しています。登録は下記をクリック!

 

 

「私も変われました!!」「臨時収入が入りました!!」「元気になれます!!」「具体的でわかりやすい!!」と好評をいただいております。お気軽にご登録ください。

相談メールはお気軽に♪

引き寄せの法則・潜在意識についてやわからないことはお気軽にお問い合わせください。
登録後、すぐに返信メールをお送りします。

▼▼クリック▼▼

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
著書紹介
レポート無料プレゼント
お金の引き寄せ
恋愛・夫婦関係の引き寄せ
運営者プロフィール


ご訪問ありがとうございます^^
12歳と6歳のかわいい子供と主人に愛され、自由に生きる主婦です。


家族と毎日ゴキゲンな日々を過ごすために引き寄せの法則を実践中。


子育て中の私が引き寄せの法則のコツをつかんで、どうやってお金や時間、ママ友関係、姑関係などの悩みを解消し、旦那・子ども・お金に愛され、思いどおりの人生を送っているのかを赤裸々につづっていきます。よろしくお願いします。


詳しいプロフィールをみる

スポンサードリンク


よく読まれている人気記事
人気ブログランキング
ブログランキング参加中♪
いつもありがとうございます**
1クリックしていただけるとうれしいです

最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント