学力不振はもしかして発達障害?その種類と特徴と対処法

a0055_000848

 

入学・進級の季節が過ぎ、子供達はようやく園や学校生活に慣れてきたころでしょうか。

 

 

昨日は、長男の小学校の参観会がありました。

 

理科の授業で、顕微鏡を使って、池の中の生物を調べていましたが、子供たちをみているといろいろな子がいて面白いですね。

 

積極的に顕微鏡を使って調べる子、言われてからやる子、全くやる気のない子などなど・・・

 

 

参観後の保護者懇談会では、学力についての話がでていました。

 

その中で、発達障害についてのお話もあったので、今日は発達障害の種類・特徴・対処法をまとめてみました。

 

 

参観会等で、自分の子と他の子を比べて

 

 

  • なにか違うな?
  • 先生の言われたことが聞けない
  • 自分の席に座ってられない
  • 勉強も宿題もろくにせず遊んでばかりいる
  • 音読ができない
  • ひらがな・漢字がなかなか覚えられない
  • 計算ができない

 

 

 

など、心配になる点・気になる点がでてきますよね。

 

 

特に小学生の学力不振には、悩まされます。

 

「なぜやる気がないの?いつになったら勉強するの?」

 

こんな言葉を口にしていませんか?

 

 

もしかしたら、それは発達障害による学力不振かもしれません。

 

発達障害は、脳の認知機能に偏りがあって、子供の得意・不得意・苦手な部分が顕著に出ていて、社会不適応を起こす状態です。

 

 

子供達は一人ひとりそれぞれ違う個性を持っています。

 

「個性」と一言で片づけてしまうのではなく、自分の子供の得意・不得意を見極めて、その可能性を広げていくことが大切です。

 

 

発達障害の種類と特徴

 

①注意欠如多動症(ADHD)

 

特徴
不注意:集中力がなく、気が散りやすい。忘れっぽい
多動性:じっとしていることが苦手で、落ち着きがない
衝動性:思いついたら後先考えず行動してしまう

 

・なかなか宿題に取りかからない
・宿題を始めてもすぐに飽きてしまう
・勉強時間が少ない
・夏休みの宿題が新学期までに終わらない
・先生に言われたことをすぐに忘れる
・黒板をノートに写すのが苦手
・覚えられない
・文章の読み間違いが多い

 

 

②自閉スペクトラム症(ASD) (アスペルガー症候群)

 

特徴
社会性・コミュニケーション:言葉の発達遅れ。冗談がわからない。会話が成立しにくい。集団行動が苦手。対人関係が作りにくい。
行動:興味・感心の幅が狭い。こだわりがある。予想外のことに対処できない。

 

・勉強時間が少ない
・好きな教科しかやらない
・なぜ勉強しなければいけないの?と言って勉強しようとしない
・遊びばかりで勉強しない
・夏休みの宿題が新学期までに終わらない
・先生に言われたことを覚えていられない
・漢字を覚えられない

 

 

③学習症(LD)

 

特徴
読む:文字・単語・文を読むのが遅い。読み間違いが多い。
書く:文字・単語・文を書くのが遅い。書き間違いが多い。
算数:計算が遅い。計算間違いが多い。

知的発達には問題がないのに、読み・書き・計算が苦手。

 

・板書が苦手
・漢字を覚えられない
・文章を読むのがたどたどしい
・文章の読み間違いが多い

 

 

④知的能力障害・境界知能

 

特徴
知的能力の発達が全般的に遅れている状態。

 

・先生の言ったことを覚えていられない
・夏休みの宿題が新学期までに終わらない
・板書が苦手
・漢字を覚えられない
・文章を読むのがたどたどしい
・文章の読み間違いが多い
・一度覚えたことをすぐに忘れる

 

 

発達障害の学習の対処法

 

勉強ができないのは、本人の努力不足ではないことをわかってあげましょう。そして、子供の自信をなくさないことです。

 

こどもの、得意・不得意を熟知し、

 

     

    • 得意なところを伸ばす
    • 苦手なところを解消する
    • 学校に働きかけて環境を整える

     

 

これらを少しずつできることからやっていきます。

 

     

    • 読むことが苦手なら読んであげる
    • 読み書きができないなら電子教科書のようなICT機器を利用する
    • 集中力が続かない子は、先生と1対1で学べる環境にする

     

 

など、それぞれにあった対応をすることで、子供の可能性を広げてあげましょう。

 

 

親は、子供のできないところに目が行きがちです。

 

勉強ができない・運動ができない・野菜を食べない・友達と遊べないなど。

 

 

勉強ができるようになってほしい・運動ができるようになってほしいなどそれは親の希望であって、必ずしもその子供の能力に合っているとは限りません。

 

親のエゴを押し付けてしまうと、子供との関係がどんどん悪くなってしまいます。

 

 

発達障害がある・ないにかかわらず、子供の存在を、ありのままを受け入れて、子供のペースに合わせてあげると、親の気持ちもスーッと楽になり、子供ものびのびして親子関係が良好になります。

 

こんな時も、「どうしたら○○できるかな?」思考を使ってみると、いいアイデアが浮かんできます。

 

子供の力を信じて、いいところをたくさん見つけてあげてください。

 

「私も変われました!!」「臨時収入が入りました!!」「元気になれます!!」「具体的でわかりやすい!!」と好評をいただいております。お気軽にご登録ください。

相談メールはお気軽に♪

引き寄せの法則・潜在意識についてやわからないことはお気軽にお問い合わせください。
登録後、すぐに返信メールをお送りします。

▼▼クリック▼▼

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サイト内検索
著書紹介
レポート無料プレゼント
お金の引き寄せ
恋愛・夫婦関係の引き寄せ
運営者プロフィール


ご訪問ありがとうございます^^
13歳と7歳のかわいい子供と主人に愛され、自由に生きる主婦です。


家族と毎日ゴキゲンな日々を過ごすために引き寄せの法則を実践中。


子育て中の私が引き寄せの法則のコツをつかんで、どうやってお金や時間、ママ友関係、姑関係などの悩みを解消し、旦那・子ども・お金に愛され、思いどおりの人生を送っているのかを赤裸々につづっていきます。よろしくお願いします。


詳しいプロフィールをみる

スポンサードリンク


よく読まれている人気記事
人気ブログランキング
ブログランキング参加中♪
いつもありがとうございます**
1クリックしていただけるとうれしいです

最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント